新築一戸建てについて

新築一戸建てのメリットとデメリット

「新しい家を手に入れる」と一口に言っても、その方法はいろいろ。新築もあれば中古物件の購入もあり、一戸建てにするかマンションにするか、という選択もあります。どれを選ぶのが、あなたにとって最も良いのでしょうか?それを判断するには、それぞれの形態の、メリットとデメリットをよく知っておくことが大切です。
ここでは、「新築一戸建て」を選ぶことのメリットとデメリットを、簡単にご紹介します。

新築一戸建てのメリット

自由な生活空間

新築マンションにはない、新築一戸建ての一番のメリットです。あなただけのライフスタイルに合った生活空間を、一から創り出すことができる。これは何よりの魅力であり、新築一戸建てを考える大部分の人が夢見るものでしょう。また一般的には、マンションと違い、隣近所にあまり気を遣わず生活を送れます(もちろん相応の配慮は必要ですよ!)。

耐用年数

なんといっても「新品」の家を買うわけですから、耐用年数は基本的にゼロからのスタート。これは中古物件と比べて圧倒的なメリットと言えます。せっかく建てた家、少しでも長く住み続けたいですよね。

新築一戸建てのデメリット

税金

新築一戸建てを買うと、「家」と「土地」を所有することになります。それらに発生する固定資産税は、賃貸住宅に住んでいる間は意識することのなかった出費でしょう。住宅ローンとあわせて、ボディブローのように「効いて」きますので、金銭計画はしっかりと。

家に縛られる

「一生の買い物」とよく言われるように、家は簡単に買い替え、住み替えのできないものです。一度家や土地を手にすると、そこにある程度の定住を余儀なくされます。場所選びは慎重に行いましょう。

「建売」「建築条件付き」「注文住宅」の違い

住宅会社の物件情報で、よく目にするのが「建売」と「建築条件付き」という言葉です。こういった言葉の意味がよく分からない、という方は少なくないようです。新築一戸建て探しで失敗しないためにも、これらの正しい意味を知り、自分が望む家づくりに合った物件を探してください。

建売

すでに建物が完成している状態、あるいは現在建築中の物件を土地とセットで販売しているものです。したがって、間取りなどについて購入者の要望を入れることは難しいです(建築中の物件の場合は、交渉次第で、当初設計からある程度変更してもらうことは可能です)。
購入者のメリットとしては、出来上がっているものを購入するため難しい手続きや設計検討が必要ないこと、比較的割安であることです。

建築条件付き

この「建築条件」とは、建築を行う業者について、条件が決まっていますよ、ということ。つまり、指定された建設会社で家を建てることを条件に土地を売る物件をいいます。建売と違い、購入者の家づくりへの要望を、ある程度取り入れられる上、注文住宅よりも手間やコストが省かれるのがメリットです。また細かいことですが、土地契約と建物請負契約という2度の契約を行う必要があります。

注文住宅

言葉通り、購入者の注文通りに作る住宅、ということです。一般的なハウスメーカーの新築一戸建ては、このパターンになります。基本的に完全自由設計ですので、購入者の要望通りの家を建てられるのが最大のメリットです。逆に言えば、家の間取りや細かい仕様を一つ一つ、自分たちで決める必要がありますので、大変といえば大変。だからこそ、家が完成した時の喜びは、格別のものとなるでしょう。

一戸建て住宅の工法

新築一戸建て住宅を購入する時、ぜひ知っておいて頂きたいのが、「工法」についてです。「どんな工法でも、住み心地は同じじゃないの?」と思うかもしれませんが、さにあらず。ここでは、一戸建て住宅の代表的な工法の特徴をご紹介します。

在来工法

日本の一戸建て建築では最も一般的な工法で、「木造軸組工法」とも呼ばれます。間取りの自由度が高く、屋根裏や床下などの通気性が良いのも特徴です。

  • 構造的に間取りの自由度が高い
  • 木材を使用しており通気性が良い
  • 増改築がしやすい
  • 木材の変形、腐食、シロアリ被害の恐れがある

2×4工法

北米で生まれた工法で、「枠組壁工法」とも呼ばれます。在来工法が柱や梁などの「骨組み」を作るのに対して、2×4工法は床や壁・天井が「面」として作られます。

  • 面構造により耐震性が高い
  • 構成部材が規格化されており、施工効率が良い
  • 断熱材や不燃ボードの施工性が良い
  • 間取りや増改築の自由度が低い

軽量鉄骨

在来工法の部材を、木材でなく軽量鉄骨(厚さが6mm未満の鋼材)で組み上げた工法です。工場生産が可能なためプレハブ工法に適しています。

  • 木造よりも強度が高い
  • 現場の作業効率が良く、工期も短い
  • 工場生産のため品質が安定している
  • 錆びや結露が起こりやすい

鉄筋コンクリート

一戸建て住宅ではあまり使われません。柱や梁で構成される「ラーメン式構造」と、床と壁を一体にして組む「壁式構造」があります。

  • 非常に強度が高く、耐用年数も長い
  • 耐震・耐火性に優れる
  • 増改築がしにくい
  • 他の工法に比べてコストが高い

©2014奈良新築一戸建て.com